TOPSFDシステムについて>生成燃料と活用法

SFDシステムについて

生成燃料と活用法  

生成燃料

SFD燃料化装置で処理すると使用済み紙おむつは、写真のような燃料最適の生成品に生まれ変わります。

生成燃料について


 

ペレット化

燃料化

更に生成燃料を成形機でペレット化すると、バイオマスボイラーやストーブで木質ペレットに代えて使用することが出来ます。


 

活用法

このペレットは、施設内や近隣の施設で地産地消することができます。

ペレットの活用法

※南の島など近隣に熱源需要がない場合、ガス化して冷房や発電も可能です。


 

RPF

生成燃料はRPFの原料にもなります。

※RPF(Refuse Paper & Plastic Fuel)とは・・・再生が困難なプラスチックや古紙を原料に使い固形化した高カロリーの燃料です。

RPF


生成燃料/ペレット化/活用法/RPF/紙おむつ燃料の特徴
 

紙おむつ燃料の特徴

1. 廃棄物利用のため他燃料と比較して経済的に利用できる。
2. 化石燃料の削減によりCO2を削減し地球温暖化防止に貢献します。
3. 発生履歴が明らかな生成燃料を原料としているため品質が安定している。
4. 紙おむつは焼却処理を前提に製造されているので、燃料として問題のある成分は含まれていない。
5. 原料としてポリマーやパルプを使用しているため高カロリーな熱量がある。
6. コンパクトな形状で密度も高く貯蔵性も優れている。
7. 紙おむつ以外の廃プラスチックを混入することにより熱量のコントロールが可能。

▲このページの先頭へ


copyright Super Faiths Inc.