TOP>SFDシステムについて>紙おむつ処理の現状と問題点

SFDシステムについて

紙おむつ処理の現状と問題点 issue

紙おむつ市場は、技術革新によってこの30年ほどで急拡大しました。更に高齢化の進行により需要は伸び続けています。

この紙おむつの使用後は、排泄物が付着して3倍近いぼう大なゴミとして焼却処理か埋立てされています。

この収集や、焼却などに要する費用はばく大なものになります。また大切な焼却炉の寿命などに及ぼす負荷も大きくなっています。


(注)家庭系や事業系一般廃棄物として処理される場合のコストは税金で補われていますが、実際には多大な社会コストがかかっています。医療、介護施設では産業廃棄物や特別管理廃棄物として取扱われることも多く、その場合排出事業者は多額の負担を強いられます。


copyright Super Faiths Inc.